スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(中古レクサスチェックポイント)が付いた投稿を表示しています

中古レクサスを購入する際に注意すべき5つのポイント

レクサスは、その美しさと価値を何年も保持しています。ただし、ほとんどの車両と同様に、レクサスは経年変化により機械的および外観上の問題が発生しやすくなります。中古のレクサスを購入するかどうかを決める前に、これらの課題に注意する必要があります。 1.ドライブトレインの問題  レクサスは、すべての新車に5年の特別保証を提供しています。その期間内にドライブトレインで機械的な問題が発生した場合、メーカーは通常、修理の費用を負担します。  検討中の中古レクサスにはメーカー保証が適用されない可能性が高いです。そうでない場合は、最も一般的に報告されているドライブトレインの問題の1つを知ることが重要です。中古の自動ドライブトレインレクサス車の所有者のかなりの数が、運転中にチェックエンジンライトが突然点灯することを経験しています。  この発生の最も一般的なエンジンコードはP0751であり、これは汚れたまたはトランスミッションフルードが少ないことを示している可能性があります。また、PO714コードは、トランスミッションフルード温度センサー回路に問題があることを示しています。そして最後に、トラブルコードPO894は、トランスミッションコンポーネントのスリップの問題を示しています。 2.タイミングチェーンカバーからのオイル漏れ  中古車モデルで一般的に報告されているもう1つの問題は、タイミングチェーンカバーからのオイル漏れです。この問題を報告した多くの人々は、彼らの車が120,000キロに達したときにそれが始まったと述べました。  この問題は、修復するのに費用がかかる問題の1つです。この問題の修理のベースライン見積もりは、場合によっては40万円以上になる可能性があります。ただし、リビルト部品を使用することで、この費用のかかる修理を回避できます。 3.室内へ水漏れ  中古のレクサスを運転するとき、一部の車は、室内に漏れがあるという報告があります。それはサンルーフ仕様にたまに発生する外部からの水が車内に流れ込む欠陥です。  キャビンへの水漏れの問題を報告によれば、車が30,000〜50,000キロに達したときに始まっていました。この問題は通常、サンルーフ周辺のチューブの欠陥または損傷が原因で発生します。中古レクサスを購入する前に、専門家に持ち込んでサンルーフの点検と整備を行ってください。  4.