スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(レクサス診断)が付いた投稿を表示しています

レクサス スパークプラグ交換時期かなと悩んだら

 レクサススパークプラグ交換のよくある質問 スパークプラグの役割は何ですか?  レクサスのスパークプラグはエンジンの各シリンダーヘッドの上にあり、「点火」してシリンダー内の圧縮された燃料と空気の混合気に点火します。スパークプラグは実際には混合物に触れません。代わりに、電気火花が小さなギャップ(通常は約1ミリメートル)を移動して燃焼を開始します。このミニ爆発の力がピストンを押し下げ、力を生み出します。  次に、スパークプラグは、ピストンが上下するたびに1回、このプロセスを何度も繰り返します。通常、エンジンにはシリンダーごとに1つのスパークプラグがありますが、一部のエンジンにはシリンダーごとに2つのスパークプラグがある場合があります。スパークプラグがないと、レクサスは始動しないか、走り続けません。 レクサススパークプラグの種類は? 覚えておいてください。どのエンジンでも推奨のスパークプラグを使用してください。オーナーズマニュアルの内容を確認しそれに従ってください。 銅製スパークプラグ:これらは最も基本的なスパークプラグです。銅はよく伝導し、最低価格ですが、他の材料ほど長くは続かない傾向があります。 プラチナスパークプラグ:プラチナは銅よりも耐熱性が高いため(堆積物の蓄積を防ぐのに役立ちます)、通常、プラチナチップのプラグは銅よりも長持ちします。 ダブルプラチナスパークプラグ:プラチナスパークプラグの2倍の性能は必要ありませんが、この場合、スパークプラグの2つの電極(中心電極と接地電極)にプラチナがあります。 イリジウムスパークプラグ:イリジウムはプラチナよりも硬く、耐久性があります。(コストもかかります!)イリジウムのコストのため、電極は薄くなりますが、それでも他のプラグよりも優れた出力、優れた燃焼、および長寿命を提供します。 レクサスのスパークプラグは摩耗しますか?  エンジン内部の状態は予想通り残酷です。最新のエンジンは、可動部品間の摩擦を減らすように設計および製造されていますが、シリンダーがポンピングするため、摩擦、および摩擦と密接に関連する熱は避けられません。エンジン回転数にもよりますが、スパークプラグは毎分1000回以上点火します。損耗は本当の問題です。  エンジンがどれほど効率的であっても、各燃焼後にわずかなカスが残ります。これらの堆積物は時間の経過とともに