スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(レクサス故障)が付いた投稿を表示しています

一般的に発生するレクサスISの問題

 レクサスは、現在、世界のトップハイエンドカーブランドの1つとして認識されています。過去20年間で、レクサスブランドはBMWやメルセデスベンツなどにより確立されたヨーロッパ車のいくつかと肩を並べることができました。  レクサスISは、1998年から発売されている高級コンパクトエグゼクティブカーのシリーズです。これらの車は、その優れた安定した性能で有名であり、一般的な障害がほとんどなく、路上で非常に信頼できることが知られています。  ただし、すべての車両と同様に、この車でよく知られている問題がいくつかあります。これについて、今日の記事でご説明します。 クーラントパイプ  クーラントパイプは、エンジンを安定した温度で運転し続けるために必要な液体を供給します。レクサスISのこのシステムには既知の問題があります。車のボンネットの下、エンジンの左前隅を見てください。その領域のパイプの周りにピンク色の染みが見られる場合は、おそらくクーラントシステムからの漏れを見ています。  これは、この障害の原因として最も可能性が高いのは、クーラントバイパスホースの疲労または損傷です。これは簡単に交換でき、問題を解決します。この問題に気づき、対処できない場合は、時間の経過とともにエンジン自体のより高度な障害を調べる可能性があります。 トランスミッション  すべての車と同様に、レクサスISのトランスミッションは、特に疲労しやすい摩耗部品です。車が加速中にエンジンがしっくり加速しない感覚に気付いた場合、これはこのユニットに問題がある可能性があることを示す早期警告信号です。  トランスミッションを交換する必要があるかもしれません。これは、スキルを必要とする難しい仕事です。この問題が発生していると思われる場合は、ディーラーに車をチェックアウトしてもらうことをお勧めします。ディーラーは、必要に応じて車を修理することもできます。 ショックアブソーバー  レクサスISの運転中に非常に穏やかなノッキング音が聞こえる場合、特に道路の凹凸や穴を交渉するときに、ショックアブソーバーに問題がある可能性があります。これらの部品を車から取り外し、プランジャーに遊びがあることを確認することでテストできます。  プランジャーは、ユニットに押し込まれたときに抵抗を提供し、そのままにしておくと元の位置に戻るはずです。これらの部品

レクサス ウォーターポンプの故障の兆候

レクサス ウォーターポンプの故障の兆候  レクサスのウォーターポンプは、車のエンジンとシリンダーにクーラントを供給する責任があります。ウォーターポンプが故障すると、エンジンが過熱し、修理費用として多大な出費を支払う必要が生じる可能性があります。これが、ウォーターポンプの故障の最も一般的な兆候を見つけて定期的に検査する方法を学ぶ必要がある主な理由です。 レクサスのウォーターポンプが問題なく機能する期間  レクサスのウォーターポンプがいつ故障するかを知るのは難しいです、それはレクサスにかけるストレスとエンジンが動いているときの部品の絶え間ない動きのためにどんなレクサスにも起こり得ます。  定期的な整備士の検査は通常、ウォーターポンプとベルトを対象としていますが、5年以上経過した車の検査は6か月ごとにスケジュールすることが重要です。幸いなことに、ウォーターポンプは通常、最大90,000〜140,000キロは長持ちするように設計されています。  レクサスのウォーターポンプ問題を回避する方法 予防は常に治療よりも安価であり、これはあなたのウォーターポンプにも当てはまります。それが失敗し、兆候を無視した場合、高コストで交換または修理する必要がある損傷した喫煙エンジンになってしまう可能性があります。ウォーターポンプを完全に診断できない場合でも、警告サインを探すことができます。ダッシュボードの警告灯を監視するのは簡単です。また、3か月ごとにポンプからエンジンまでのベルトの検査をスケジュールすることもできます。 レクサスで発生するウォーターポンプ故障の兆候  レクサスのクーラントの水抜き栓の漏れが見られる場合があります。これにより、ポンプのパフォーマンスが低下し、その結果、エンジンのパフォーマンスが低下します。この問題は通常、クーラントの汚染が原因で発生します。定期的に点検していれば簡単に修正できます。アクトジャパンの整備士は、システム全体を洗浄して補充する必要があるかどうか判断します。  また、ポンプの金属面に錆が発生する場合があります。この障害は、汚染された、または互換性のないクーラントによっても引き起こされる可能性があります。レクサスが推奨するエンジンクーラントを使用していることを常に確認する必要があります。そうしないと、さらに多くの問題が発生します。どちらを使用するかわからな

レクサス ブロワーモーター故障の兆候を見逃すな

  レクサスブロワーモーター交換のメリット  レクサスのブロワーモーターはどこにありますか?レクサスのブロワーモーターの掃除は可能ですか?レクサスのブロワーモーターは、エアコンの操作にとって重要です。ブロワーモーターが機能していないと、レクサスのエンジンが過熱する可能性があります。  レクサスのノイズの多いブロワーモーターまたは特定の速度でのみ動作するブロワーモーターを確認し、必要に応じて交換する必要があります。 アクトジャパンに寄せられたレクサスユーザーからの質問 2004レクサスES330のブロワーモーターが不良かどうかを確認するにはどうすればよいですか?  ブロワーモーターが不良かどうかを確認するには、ブロワーモーターが空気を吹き付けていないときにブロワーモーターへの電力を確認します。ブロワーモーターに電力とアースが供給されているが、その時点で機能していない場合は、ブロワーモーターが不良である可能性があり、交換する必要があります。  電源がない場合は、配線、抵抗、リレー、またはコントロールパネルである可能性があります。問題を特定するには、各コンポーネントをテストする必要があります。メカに詳しくないユーザーの場合は、今すぐアクトジャパンのレクサスに詳しい整備技術者にご相談ください。 2007レクサスRX350のブロワーモーターはどこにありますか?  レクサスRX350のブロワーモーターはグローブボックスコンパートメントの後ろにあります。そこにたどり着くには、グローブボックスとグローブボックスの後ろのダクトを取り外して見る必要があります。  まず、グローブボックスとグローブボックスの後ろのダクトを取り外します。3本のネジで固定されるブロワーモーターが表示されます。ブロワーモーターを取り出すのを邪魔しているものをすべて取り除きます。 1997年のレクサスES300のブロワーモーター抵抗器はどこにありますか?  ブロワーモーター抵抗器は、アクセルペダルの右側の運転席の足元に取り付けられています。ヒーター/ ACハウジングの非常に高い位置にあります。2本のワイヤーと2本のネジがあり、内側に金属キャップが付いたセラミックボディがあります。 2003レクサスGS300のブロワーモーター交換方法は?  ダッシュの下には、ブロワーボックスの下側を露出させるために飛び出す黒い

レクサス ラジエタークーラントの危険な徴候を見逃すな

クーラントフラッシュについて  エンジンクーラントラインを定期的に洗い流すことで、ラジエーターの冷却要素を詰まらせる汚染物質が蓄積するのを防ぐことができます。ラジエーターが詰まっていると、エンジンが熱くなり、早期摩耗を引き起こし、エンジンの故障につながる可能性があります。  新鮮なクーラントには、ラジエーターの漏れを引き起こす可能性のある錆から冷却システム全体をきれいに保つ抑制剤も含まれています。通常、クーラントは100,000キロまたは10年のいずれか早い方でフラッシュして交換する必要があります。 レクサスのラジエーターにはどのような液体が入っていますか?  ラジエーターにはグリコールベースの不凍液/冷却剤と水の50/50の混合物が入っています。自分で混ぜる必要はありません。自動車部品店で購入する種類、または整備士が使用する種類は、事前に混合されています。  ライジエターリザーブタンクのFULLレベルより減っている場合、ラジエーターにクーラントまたは水を追加する必要がある場合があります。ボトル入りの水を使用する必要はありません。水道水でも、どんなきれいな水でもかまいませんが、蒸留水はラジエーターに導入される不純物が少なくなります。選択肢があれば、蒸留水が最適です。 レクサスのクーラントを確認するにはどうすればよいですか  まず最初に-そしてこれは本当に重要です-熱いエンジンをテストしようとしないでください。エンジンが冷えて動作しなくなったら、すべてのテストを実行します。 クーラントをチェックする主な方法は4つあります。 目視テスト:クーラントは正しい色に見えますか?ラジエーターキャップを外すとスラッジが見えますか?クーラントが茶色の場合は、錆や腐食を示しています。あなたが通常緑色の不凍液を持っているならば、それが茶色であるかどうか見るのはより簡単です。通常、オレンジ色または赤色の不凍液を使用している場合は、わかりにくいですが、曇っていたり泥だらけになっている場合は、変更する必要があります。 比重計:お近くのオートバックス( 自動車部品店)で購入できるハンドヘルドツールを使用して、クーラントの比重をテストします。ラジエーター液がまだ保護している温度(高低)が表示されます。 マルチメータテスト:低電流を使用して、クーラントに電荷があるかどうかを確認します。(電気が関係

レクサス 燃料フィルターの交換時期を知る兆候

レクサスの燃料フィルターを交換する適切な時期  レクサスの詳細で複雑な メンテナンススケジュールに伴う燃料フィルターなどの一見些細なコンポーネントを交換する必要がある頻度を覚えておくのは難しい場合があります。  このようなレクサスに関する修理は、緊急の修理ではないことが多いため、日常生活の途中で見逃すことがよくあります。  ただし、レクサスの汚れた燃料フィルターを交換せずにいると、次第に重大な問題になる可能性があります。フィルターが汚れているほど、レクサスに深刻な損傷を与え、車の他のコンポーネントを危険にさらす可能性が高くなります。 燃料フィルターはどのくらいの頻度で交換する必要がありますか?  レクサスの燃料フィルターは、エンジンに到達する燃料が清潔で、汚染物質や破片がないことを確認する役割を果たします。少量の詰まりを処理することはできますが、十分な蓄積があると、燃料噴射装置に到達する燃料の量が不十分になる可能性があります。これは、最終的には車両が走行しないことを意味します。  レクサスに詳しい整備士は、レクサスは3年ごとに燃料フィルターを交換することをお勧めします。ただし、これは、車両の走行距離によっては、完全に不正確になる可能性があります。 レクサスの燃料フィルターの修理が必要な一般的な兆候  愛車レクサスのフィルターを最後に交換してから経過した時間を正確に覚えるのは難しい場合が多いため、フィルタを変更する必要があるかどうかを判断するために探すことができる兆候がいくつかあります。 強い臭い:車両の排気ガスから出る強い臭いに遭遇した場合、フィルターが詰まっている可能性があります。それは、より有害な問題を示している可能性もあります。つまり、できるだけ早く整備士に確認してもらう必要があります。 エンジンの失火: フィルターが弱く、燃料噴射器に到達しても適切な燃料の不足のためエンジンが失火する。注意すべき他の同様の問題は、燃料効率が低下している場合、またはエンジンが不規則または異常に動作する場合です。 アイドリングとスパッタリング:エンジンが始動したが停止時にシャットダウンした場合は、燃料フィルターを交換する必要があります。これは、車がアクティブなときに十分な量のオイルが車両に到達しているが、車両がアイドル状態のときに出力が弱まっていることを示しています。 さらに、低