スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ラベル(エンジン警告灯)が付いた投稿を表示しています

レクサス エンジンオイルは車のホウレン草ですよ

レクサスのエンジンオイルを正しいレベルに保つ  レクサスにとってエンジンが早期の部品故障に悩まされないようにするためにしなければならない最も重要なことの1つです。レクサスのサービスマニュアルでオイルを定期的にチェックする必要があるかどうかを調べる必要がありますが、大まかな目安として、5,000キロごとにオイルを交換することをお勧めします。  ダッシュボードに赤いオイルチェックライトが表示されるまで待ってはいけません。あなたはすでにあなたのエンジンにかなりの損傷を与えているかもしれません、そしてそれは修理するのに費用がかかるかもしれません。2週間に1回、または1か月に1回オイルをチェックするのが好きな人もいます。定期的なチェックを行うことで、レクサスのエンジンがどれだけ早く低下し始めるかを感じることができます。 1.)オイルをチェックする準備をする  レクサスのオイルをチェックするには、できるだけ平らな地面に駐車する必要があります。これは、オイルが車両の両端に混入しないようにするためです。すべてのエンジン作業と同様に、この手順に着手する前に、車のエンジンがオフになっていて、キーが点火されていないことを確認する必要があります。 2.)オイルゲージ(ディップスティック)を探す  レクサスのフロントフード(ボンネット)を開けて、エンジンを見てください。金属棒の端から突き出ている金属のループをすばやく見つけることができるはずです。これはあなたのレクサス車のオイルゲージであり、ループを使用してスティックをそっと引き出します。スティックは、茎の形をしたホルダーから長くて薄い金属片のようです。何らかの理由でこの部分が見つからない場合は、オーナーズマニュアルで詳細を確認することをお勧めします。 3.)オイルゲージをきれいにする  オイルゲージをホルダーから引き出し、布または厚いペーパータオルを使用してパーツの長さをきれいにします。これを行う理由は、運転中にオイルがスティックに飛び散り、オイルの読み取りが正しくなくなる可能性があるためです。オイルゲージを掃除したら、金属ホルダーに再度挿入し、数秒待ってから再度引き出します。 4.)オイルをチェックします  オイルゲージを見て、それに表示されるオイルマークに注意してください。オイルレベルがどこにあるべきかというパラメータ(最高点と最低