スキップしてメイン コンテンツに移動

会社概要・沿革

 

アクトジャパン株式会社

※弊社の創業時代

 

弊社は創業1929年、昭和4年に出来た会社です。ヤナセがベンツの整備を始めた翌年です。

まだ日本車がなくてアメリカからフォードやパッカードが輸入されていたころ整備工場を始めたました。

日本に整備マニュアルがないとき英米から整備マニュアルを取り寄せ、整備業を始めたそうです。

英語の辞書と部品を睨めっこしながらの日々だったらしく、其の後、朝鮮戦争が始まり米軍ご用達になりました。西戸崎の米軍住宅(キャンプ)にある大きなクルマや板付米軍基地の軍用車も整備していた時期を経て、大型指定工場として日野・いすゞ・三菱ふそう・日産UDの様々な貨物車整備の拡大を続けると共に、乗用車は創業以来おつきあいのあるヤナセ協力店として輸入車の販売と、ベンツ・フォルクスワーゲン・アウディ・ボルボといったヤナセ取扱車の整備をやっていました。

※平成12年以降の経営スタイル

●ネット時代の中古車販売を見据えて

従来の修理整備中心から、中古輸入車販売へと拡大を図りました。その際に心がけたことは、後発の弊社が中古車業界の「不」を解消できるような事業スタイルを実現する!ことでした。

業界で初めて仕入れ価格と弊社利益を掲示し、中古車の査定評価書をお見せする「中古車の透明な販売」を実現しました。また保証の不安を取り除くために5000キロ・3ヶ月保証を付けてスタートしました。

このような販売方法に反響が大きくなるにつれ、同業者から苦言が多く入りだしました。「おまえのとこ、中古車業界を破壊させる気か」「安く仕入れて高く売るのが中古車の王道」などなど、中には2時間以上も説教する業者の方もいらっしゃいました。

カーセンサーに代表される中古車雑誌社から、「この販売方法では大手販売店の販売展開の妨げになる為、次世代販売のあり方には賛同できても営業面でのマイナスを考慮した場合、中古車品質評価点を非掲載にしなければ、掲載中止を考えざるを得ない。」と申し入れがありました。

一方、弊社の販売方法に対して、お客様の評価が雑誌社の想定以上に高い支持を集め始めた為、中古車販売は生き残ることが出来ました。

平成27年にカーセンサーが業界初の中古車の評価点制度を公式に導入しました。弊社に遅れること15年の出来事で、現在では評価点が購入者の安心につながっています。

弊社が続けてきたことが中古車の標準(デファクト・スタンダード)になったことで、私達が当初掲げたポリシー「中古車品質の不透明さをクリアにし、中古車を安心して買える環境つくり」が実現できました。

●中古車から軽自動車の新車販売へ

新車販売ができればお客様にアフターサービスでアクトジャパンのよさを永く知っていただける機会ですが、なかなか難しくスタートすることができませんでした。

2018年8月から軽自動車の新車30台を展示して、新車販売をいよいよ開始する運びになりました。現在は、ディーラーが閉まっても24時間365日新車を売る仕組みを構築しています。

ディーラーに出向かなくても車が買えることができ、ローン審査もお店に知られることなくお客様が直接ローン会社に申し込みができる。車選びの相談から始まり、支払い、九州一円納車まで、スマホで簡単に「新車のワンストップショッピング」を実現しています。

新車販売を開始後、お客様のご支持を頂くことができた成果の表れとして、メーカー認定の代理店グレードがアップしました。

ダイハツは、特約店・ピットエントリー店・ベストピット店・グランドピット店、最上位はデイーラー格のスーパーピット店と分かれています。

弊社は2018年夏に始まって、2019年12月にグランドピット店に昇格することができました。相撲で言えば、平幕から関脇・小結を超えて大関へスピード出世したようなものです。(笑)福岡ダイハツの話によれば、社内ギネス記録だとか?!

スズキも同様に2020年1月にスズキ特約店総会(東京)に招かれ、鈴木修会長から直接シルバー特約店証を授与されました。

●車検プラス51項目定期点検3回(6.12.18ヶ月目)を無料でお付けした車検

車検して終わりではなく、そこがスタート。次の車検時期まで、できたら故障がないように、かかりつけのカードクターとして、サポートしています。

実際には、定期的にお客様の愛車と向き合って、微かな兆候など、いつも乗っているオーナーの感覚を大切に問診していく。半年前に点検したときに、気になった箇所の劣化具合をチェックしながら、オーナーが不快な思いや、不安になるような気持ちを持たないで済むような状態に保つこと。

半年毎にアクトジャパンが車種ごとに蓄積した、故障しやすい箇所を重点的に点検するオリジナル定期点検をパッケージにして、お客様にご提供しています。

●2017年、大型トラックなどディーゼル車のマフラー再生事業を開始

大型トラックにはDPF(DPR)再生装置が装備されており、不具合が起きた場合、一式交換100万円という大きな出費になります。弊社は、米国やドイツのディーゼル車先進国の再生技術を研究し、国内基準に適合するように改善を重ね続け、米国の再生装置メーカーへ日本仕様に改造を依頼し、輸入した再生マシン【AICS】を2018年冬から稼働開始、再生技術が一段と向上しさらにスピードアップを実現しました。

現在弊社では、従来の20%程度の費用で再生できるようになり、西日本一円からトラブルに悩まされる運送事業者からマフラーやインジェクション機能の再生整備が持ち込まれるようになりました。

弊社はこのDPF関連整備を新しい整備分野として、予防整備に重点を置く方向です。大型整備部門スタッフは、日本一の再生技術確立を目指し、さらなる改善を続ける日々です。

●長期利用のレンタカーを2019年秋に開始

レンタカーをもっと身近にするにはどのようにしたら実現できるのか?

私達が出した対応策は、1日あたり1000円でレンタルできるクルマの提供。1ヶ月3万円!今は試行錯誤を重ねていますが、従来なかった不便さを便利にできるように実現したいと強く思っています!

●最後に

2029年100年企業にふさわしい、お客様の評価が90点以上頂ける存在でありたい。

切に思い、息抜くことなく切磋琢磨して参ります。


代表取締役 榎本 理恵


整備に関するお問合せはこちらから

よく読まれている記事

レクサス エンジンオイルは車のホウレン草ですよ

レクサスのエンジンオイルを正しいレベルに保つ  レクサスにとってエンジンが早期の部品故障に悩まされないようにするためにしなければならない最も重要なことの1つです。レクサスのサービスマニュアルでオイルを定期的にチェックする必要があるかどうかを調べる必要がありますが、大まかな目安として、5,000キロごとにオイルを交換することをお勧めします。  ダッシュボードに赤いオイルチェックライトが表示されるまで待ってはいけません。あなたはすでにあなたのエンジンにかなりの損傷を与えているかもしれません、そしてそれは修理するのに費用がかかるかもしれません。2週間に1回、または1か月に1回オイルをチェックするのが好きな人もいます。定期的なチェックを行うことで、レクサスのエンジンがどれだけ早く低下し始めるかを感じることができます。 1.)オイルをチェックする準備をする  レクサスのオイルをチェックするには、できるだけ平らな地面に駐車する必要があります。これは、オイルが車両の両端に混入しないようにするためです。すべてのエンジン作業と同様に、この手順に着手する前に、車のエンジンがオフになっていて、キーが点火されていないことを確認する必要があります。 2.)オイルゲージ(ディップスティック)を探す  レクサスのフロントフード(ボンネット)を開けて、エンジンを見てください。金属棒の端から突き出ている金属のループをすばやく見つけることができるはずです。これはあなたのレクサス車のオイルゲージであり、ループを使用してスティックをそっと引き出します。スティックは、茎の形をしたホルダーから長くて薄い金属片のようです。何らかの理由でこの部分が見つからない場合は、オーナーズマニュアルで詳細を確認することをお勧めします。 3.)オイルゲージをきれいにする  オイルゲージをホルダーから引き出し、布または厚いペーパータオルを使用してパーツの長さをきれいにします。これを行う理由は、運転中にオイルがスティックに飛び散り、オイルの読み取りが正しくなくなる可能性があるためです。オイルゲージを掃除したら、金属ホルダーに再度挿入し、数秒待ってから再度引き出します。 4.)オイルをチェックします  オイルゲージを見て、それに表示されるオイルマークに注意してください。オイルレベルがどこにあるべきかというパラメータ(最高点と最低

一般的に発生するレクサスISの問題

 レクサスは、現在、世界のトップハイエンドカーブランドの1つとして認識されています。過去20年間で、レクサスブランドはBMWやメルセデスベンツなどにより確立されたヨーロッパ車のいくつかと肩を並べることができました。  レクサスISは、1998年から発売されている高級コンパクトエグゼクティブカーのシリーズです。これらの車は、その優れた安定した性能で有名であり、一般的な障害がほとんどなく、路上で非常に信頼できることが知られています。  ただし、すべての車両と同様に、この車でよく知られている問題がいくつかあります。これについて、今日の記事でご説明します。 クーラントパイプ  クーラントパイプは、エンジンを安定した温度で運転し続けるために必要な液体を供給します。レクサスISのこのシステムには既知の問題があります。車のボンネットの下、エンジンの左前隅を見てください。その領域のパイプの周りにピンク色の染みが見られる場合は、おそらくクーラントシステムからの漏れを見ています。  これは、この障害の原因として最も可能性が高いのは、クーラントバイパスホースの疲労または損傷です。これは簡単に交換でき、問題を解決します。この問題に気づき、対処できない場合は、時間の経過とともにエンジン自体のより高度な障害を調べる可能性があります。 トランスミッション  すべての車と同様に、レクサスISのトランスミッションは、特に疲労しやすい摩耗部品です。車が加速中にエンジンがしっくり加速しない感覚に気付いた場合、これはこのユニットに問題がある可能性があることを示す早期警告信号です。  トランスミッションを交換する必要があるかもしれません。これは、スキルを必要とする難しい仕事です。この問題が発生していると思われる場合は、ディーラーに車をチェックアウトしてもらうことをお勧めします。ディーラーは、必要に応じて車を修理することもできます。 ショックアブソーバー  レクサスISの運転中に非常に穏やかなノッキング音が聞こえる場合、特に道路の凹凸や穴を交渉するときに、ショックアブソーバーに問題がある可能性があります。これらの部品を車から取り外し、プランジャーに遊びがあることを確認することでテストできます。  プランジャーは、ユニットに押し込まれたときに抵抗を提供し、そのままにしておくと元の位置に戻るはずです。これらの部品

安心な中古車を買うには診断テストが不可欠である理由

 ダッシュボードにある警告灯は、何かがおかしいことを明確に示しています。これが発生した場合、ドライバーにとって最良の選択肢は、すぐに専門の整備工場を探すことです。すべての診断テストが同じように実行されるわけではないことに注意してください。  実際、訓練を受けたサービス技術者を使用して診断コードを読み取り判断することには多くのメリットがあります。障害コードをスキャンすることと、車両診断に対する専門的なアプローチとの間にも大きな違いがあります。  正確な診断のために資格のある技術者に診断料を支払うことが、なぜ良い投資であるのか不思議に思うかもしれません。理由は単純です。トラブルコードは自動修復プロセスの始まりにすぎません。最初の試行で正しい診断が得られない場合は、修理に多額の費用を支払うことになります。 なぜ診断料金が発生するのか?  現代の車両は、熟練した資格のある整備士が完全に理解しなければならない複雑で相互に関連するシステムで製造されています。車載コンピューターシステムは、車両のシステムのパフォーマンスに関する情報を継続的に監視および保存するように設計されています。  警告灯が点灯する場合は、コンピューターがコンポーネントまたはシステムの1つからの信号を検知したためです。これは、どこかで何かが通常の動作範囲から外れたことを意味します。車両内のコンピューターは、ダッシュボードの警告灯またはディスプレイを点灯する信号を送信し、何かが正しくないことを通知します。  警告灯が表示される理由は無数にあります。訓練を受けた専門家は、さまざまな診断スキルとトラブルコードを使用して、車両の正確な診断を行うことができます。自動車の問題を特定するために診断テストが不可欠であることは間違いありません 。これは、問題に対する決定的な回答を受け取る唯一の方法です。  診断コードを評価することのメリットは何か?  あなたの車を専門の自動車修理サービスに持ち込むとき、彼らはあなたの懸念に対処するためのツールや技術を有し、訓練を積んでいます。訓練を受けたサービス技術者を使用して診断コードを評価することには、多くの長所があります。診断テスト中に完了する3つのステップのプロセスの概要を説明します。 データの取得: サービスプロフェッショナルは、スキャンツールを接続して、オンボードコンピューターシステ

レクサス ウォーターポンプの故障の兆候

レクサス ウォーターポンプの故障の兆候  レクサスのウォーターポンプは、車のエンジンとシリンダーにクーラントを供給する責任があります。ウォーターポンプが故障すると、エンジンが過熱し、修理費用として多大な出費を支払う必要が生じる可能性があります。これが、ウォーターポンプの故障の最も一般的な兆候を見つけて定期的に検査する方法を学ぶ必要がある主な理由です。 レクサスのウォーターポンプが問題なく機能する期間  レクサスのウォーターポンプがいつ故障するかを知るのは難しいです、それはレクサスにかけるストレスとエンジンが動いているときの部品の絶え間ない動きのためにどんなレクサスにも起こり得ます。  定期的な整備士の検査は通常、ウォーターポンプとベルトを対象としていますが、5年以上経過した車の検査は6か月ごとにスケジュールすることが重要です。幸いなことに、ウォーターポンプは通常、最大90,000〜140,000キロは長持ちするように設計されています。  レクサスのウォーターポンプ問題を回避する方法 予防は常に治療よりも安価であり、これはあなたのウォーターポンプにも当てはまります。それが失敗し、兆候を無視した場合、高コストで交換または修理する必要がある損傷した喫煙エンジンになってしまう可能性があります。ウォーターポンプを完全に診断できない場合でも、警告サインを探すことができます。ダッシュボードの警告灯を監視するのは簡単です。また、3か月ごとにポンプからエンジンまでのベルトの検査をスケジュールすることもできます。 レクサスで発生するウォーターポンプ故障の兆候  レクサスのクーラントの水抜き栓の漏れが見られる場合があります。これにより、ポンプのパフォーマンスが低下し、その結果、エンジンのパフォーマンスが低下します。この問題は通常、クーラントの汚染が原因で発生します。定期的に点検していれば簡単に修正できます。アクトジャパンの整備士は、システム全体を洗浄して補充する必要があるかどうか判断します。  また、ポンプの金属面に錆が発生する場合があります。この障害は、汚染された、または互換性のないクーラントによっても引き起こされる可能性があります。レクサスが推奨するエンジンクーラントを使用していることを常に確認する必要があります。そうしないと、さらに多くの問題が発生します。どちらを使用するかわからな

レクサス パワーステアリングフルードのチェック

 レクサスのパワーステアリングは、ステアリングプロセスに一定レベルのパワーとサポートを提供することです。  これは通常、レクサスエンジンルームを開けると、エンジン上にあるポンプとリザーバーを使用する油圧システムを介して自動化されます。次に、油圧内の流体がホースのセットを介してステアリングギアに適用され、圧力を使用して、車両を正常に操舵するために必要な力の量が減少します。 LOWレベルのパワーステアリングフルード  レクサスのエンジンは、パワーステアリングの油圧に問題が発生してもステアリングシステムに障害が発生しないように設計されていますが、これは公道で障害が発生した場合に非常に危険な不具合になる可能性があるためです。  パワーステアリングリザーバー内の液面を定期的にチェックする必要があります。必要なタイミングは通常、レクサスオーナーズマニュアルに記載されています。古い車では、液体のレベルをチェックして、車のパワーステアリングシステムに液体が漏れていないことを確認することをお勧めします。 低水分に関連する問題  パワーステアリング内のフルードは、ステアリングプロセスを支援するために追加の圧力を提供するだけでなく、車のステアリングメカニズムの可動部分を潤滑するのにも役立ちます。  したがって、液体のレベルが低いと、ステアリングアレイ内の高応力部品が急速に劣化し、車のステアリングホイールを回すときに過度のノイズが発生し、最終的に部品の故障を引き起こす可能性があります。 レクサスのパワーステアリングフルードをチェック  レクサスのパワーステアリングフルードをチェックするのは非常に迅速で簡単な作業です。これは瞬時に実行できます。可動部品による怪我の可能性を避けるために、エンジンを完全にオフにして冷却した状態で、これらのチェックを実行することをお勧めします。  また、液体がシステム全体に均等に分配されるように、車を平らな面に駐車することをお勧めします。液体をチェックするには、次の手順を実行します。 –リザーバーの位置を確認します–  これは通常のレクサスではエンジンの側面にあり、ユニットの外側に多数のチューブが取り付けられています。この部品を見つけるのに問題がある場合、指示は通常、オーナーズマニュアルに記載されています。 –キャップを緩めます–  リザーバーに汚れが落ちないよう