スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2021の投稿を表示しています

一般的に発生するレクサスISの問題

 レクサスは、現在、世界のトップハイエンドカーブランドの1つとして認識されています。過去20年間で、レクサスブランドはBMWやメルセデスベンツなどにより確立されたヨーロッパ車のいくつかと肩を並べることができました。  レクサスISは、1998年から発売されている高級コンパクトエグゼクティブカーのシリーズです。これらの車は、その優れた安定した性能で有名であり、一般的な障害がほとんどなく、路上で非常に信頼できることが知られています。  ただし、すべての車両と同様に、この車でよく知られている問題がいくつかあります。これについて、今日の記事でご説明します。 クーラントパイプ  クーラントパイプは、エンジンを安定した温度で運転し続けるために必要な液体を供給します。レクサスISのこのシステムには既知の問題があります。車のボンネットの下、エンジンの左前隅を見てください。その領域のパイプの周りにピンク色の染みが見られる場合は、おそらくクーラントシステムからの漏れを見ています。  これは、この障害の原因として最も可能性が高いのは、クーラントバイパスホースの疲労または損傷です。これは簡単に交換でき、問題を解決します。この問題に気づき、対処できない場合は、時間の経過とともにエンジン自体のより高度な障害を調べる可能性があります。 トランスミッション  すべての車と同様に、レクサスISのトランスミッションは、特に疲労しやすい摩耗部品です。車が加速中にエンジンがしっくり加速しない感覚に気付いた場合、これはこのユニットに問題がある可能性があることを示す早期警告信号です。  トランスミッションを交換する必要があるかもしれません。これは、スキルを必要とする難しい仕事です。この問題が発生していると思われる場合は、ディーラーに車をチェックアウトしてもらうことをお勧めします。ディーラーは、必要に応じて車を修理することもできます。 ショックアブソーバー  レクサスISの運転中に非常に穏やかなノッキング音が聞こえる場合、特に道路の凹凸や穴を交渉するときに、ショックアブソーバーに問題がある可能性があります。これらの部品を車から取り外し、プランジャーに遊びがあることを確認することでテストできます。  プランジャーは、ユニットに押し込まれたときに抵抗を提供し、そのままにしておくと元の位置に戻るはずです。これらの部品

レクサスのエアフィルターをチェックする

レクサスのエアフィルターをチェックする必要性  エアフィルターは低速でも、レクサスのエンジンは車を駆動する内燃機関のプロセスに必要な大量の空気を吸い込みます。この空気は清潔で、ほこりや汚れなどの粒子がないようにする必要があります。そうしないと、時間の経過とともにレクサスの高性能エンジンが詰まり、効率が低下したり、故障したりする可能性があります。  その結果、ほとんどのレクサスエンジンは、取り込んだ空気をきれいにするために特別なエアフィルターを使用し、損傷を引き起こす可能性のあるすべての汚れやほこりを閉じ込めます。この部品は、完全に詰まるまでの寿命が限られており、エンジンへの空気の流れが妨げられるため、交換する必要があります。  燃料噴射システムを搭載したレクサスには、通常、エアインダクションアセンブリ内に固定されたエアフィルターエレメントがあります。この部品はエアクリーナーハウジングと呼ばれる特別なボックスにあります。一連のクランプのラッチを外すか、メカニズム内のシートから部品のネジを外して、これを取り外す必要があります。 レクサスのエアフィルターを点検および交換するには 1)まず、レクサスのエンジンのタイプに応じて、写真のようにエアフィルターをハウジングから取り外します。すべてのネジと固定具を1か所に保管するように注意してください。部品がどのように取り外されたか(特にこれが複雑なプロセスである場合)をメモして、検査の終了時に部品を再取り付けするために使用された方法を確認できるようにしてください。 2)LEDスタンドまたは同様の光源を使用して、レクサスのエアフィルターエレメントを注意深く検査します。フィルターエレメントの片側に過剰な油や汚れが見られる場合があります。これは、部品を交換する必要があることを示しています。部品がまだ比較的きれいで、油や汚れがほとんどまたはまったく蓄積されていない場合は、ハウジング内で簡単に交換できます。 3)レクサスに新しいエアフィルターを取り付ける前に、新しい部品と古い部品を比較して、これらが両方とも同じ寸法であることを確認し、同じ固定システムを使用して部品をエンジンに入れることができるようにすることが重要です。フィルタエレメントの上部と下部のガスケットは完全に同じである必要があります。同じでない場合、新しい部品をハウジングに取り付ける

レクサス エンジンオイルは車のホウレン草ですよ

レクサスのエンジンオイルを正しいレベルに保つ  レクサスにとってエンジンが早期の部品故障に悩まされないようにするためにしなければならない最も重要なことの1つです。レクサスのサービスマニュアルでオイルを定期的にチェックする必要があるかどうかを調べる必要がありますが、大まかな目安として、5,000キロごとにオイルを交換することをお勧めします。  ダッシュボードに赤いオイルチェックライトが表示されるまで待ってはいけません。あなたはすでにあなたのエンジンにかなりの損傷を与えているかもしれません、そしてそれは修理するのに費用がかかるかもしれません。2週間に1回、または1か月に1回オイルをチェックするのが好きな人もいます。定期的なチェックを行うことで、レクサスのエンジンがどれだけ早く低下し始めるかを感じることができます。 1.)オイルをチェックする準備をする  レクサスのオイルをチェックするには、できるだけ平らな地面に駐車する必要があります。これは、オイルが車両の両端に混入しないようにするためです。すべてのエンジン作業と同様に、この手順に着手する前に、車のエンジンがオフになっていて、キーが点火されていないことを確認する必要があります。 2.)オイルゲージ(ディップスティック)を探す  レクサスのフロントフード(ボンネット)を開けて、エンジンを見てください。金属棒の端から突き出ている金属のループをすばやく見つけることができるはずです。これはあなたのレクサス車のオイルゲージであり、ループを使用してスティックをそっと引き出します。スティックは、茎の形をしたホルダーから長くて薄い金属片のようです。何らかの理由でこの部分が見つからない場合は、オーナーズマニュアルで詳細を確認することをお勧めします。 3.)オイルゲージをきれいにする  オイルゲージをホルダーから引き出し、布または厚いペーパータオルを使用してパーツの長さをきれいにします。これを行う理由は、運転中にオイルがスティックに飛び散り、オイルの読み取りが正しくなくなる可能性があるためです。オイルゲージを掃除したら、金属ホルダーに再度挿入し、数秒待ってから再度引き出します。 4.)オイルをチェックします  オイルゲージを見て、それに表示されるオイルマークに注意してください。オイルレベルがどこにあるべきかというパラメータ(最高点と最低

レクサス ウォーターポンプを交換する必要があるない、どっち?

レクサスウォーターポンプを交換する必要性  車両には、本質的な機能はあるものの、ドライバーには見えない部品がたくさんあります。ウォーターポンプはレクサスが正しく機能するために非常に重要であり、あなたはそれらがどのように機能するか、そしてそれらの一般的な欠点が何であるかについての基本的に理解している必要があります。車両のウォーターポンプの主な機能について学ぶために読んでください。 ウォーターポンプの説明  レクサスのウォーターポンプは、エンジンに接続されたベルトによって駆動されます。エンジンが作動しているときに水を循環させ、冷却する役割を果たします。この部分によって汲み上げられた水は、エンジン、シリンダー、ラジエーターの順に押し出されます。ポンプの主な機能は、運転中にエンジンを冷却し、過熱のリスクを減らすことです。クーラントをエンジンに押し込むことで、ポンプは熱を吸収します。   ウォーターポンプは一般的に鉄またはアルミニウムでできており、腐食しやすいです。ウォーターポンプは車のエンジンルームにあります。エンジンが作動しているときに回転するので、作動しているかどうかを簡単に見分けることができます。ウォーターポンプは、暑い夏の日にエンジンを涼しく保ち、一定の動作温度を維持するのに役立ちます。ポンプが正常に機能しておらず、すぐに修理されない場合、これはエンジンの故障につながる可能性があります。 ウォーターポンプの機能  ラジエーターの適切な作動に関しては、車両のウォーターポンプが不可欠です。ウォーターポンプは、ラジエーターからクーラントを取り出し、モーターに循環させる役割を果たします。クーラントまたは水の循環は、モーターを冷却する効果があり、動作温度を低く保ちます。クーラントがモーターを通過すると、加熱されます。したがって、ウォーターポンプは冷却液をラジエーターに循環させ、そこで冷却してから再循環させる必要があります。  ウォーターポンプが故障すると、エンジンが過熱して深刻な問題が発生する可能性があります。これは、多くの機械部品に深刻な損傷を与える可能性があります。そのため、ウォーターポンプを迅速に整備することが重要です。 一般的なウォーターポンプの問題  適切に機能する水冷システムを持つことは、エンジンオイルを補充することと同じくらい、エンジンの性能にとって重要です。エ

レクサス ウォーターポンプの故障の兆候

レクサス ウォーターポンプの故障の兆候  レクサスのウォーターポンプは、車のエンジンとシリンダーにクーラントを供給する責任があります。ウォーターポンプが故障すると、エンジンが過熱し、修理費用として多大な出費を支払う必要が生じる可能性があります。これが、ウォーターポンプの故障の最も一般的な兆候を見つけて定期的に検査する方法を学ぶ必要がある主な理由です。 レクサスのウォーターポンプが問題なく機能する期間  レクサスのウォーターポンプがいつ故障するかを知るのは難しいです、それはレクサスにかけるストレスとエンジンが動いているときの部品の絶え間ない動きのためにどんなレクサスにも起こり得ます。  定期的な整備士の検査は通常、ウォーターポンプとベルトを対象としていますが、5年以上経過した車の検査は6か月ごとにスケジュールすることが重要です。幸いなことに、ウォーターポンプは通常、最大90,000〜140,000キロは長持ちするように設計されています。  レクサスのウォーターポンプ問題を回避する方法 予防は常に治療よりも安価であり、これはあなたのウォーターポンプにも当てはまります。それが失敗し、兆候を無視した場合、高コストで交換または修理する必要がある損傷した喫煙エンジンになってしまう可能性があります。ウォーターポンプを完全に診断できない場合でも、警告サインを探すことができます。ダッシュボードの警告灯を監視するのは簡単です。また、3か月ごとにポンプからエンジンまでのベルトの検査をスケジュールすることもできます。 レクサスで発生するウォーターポンプ故障の兆候  レクサスのクーラントの水抜き栓の漏れが見られる場合があります。これにより、ポンプのパフォーマンスが低下し、その結果、エンジンのパフォーマンスが低下します。この問題は通常、クーラントの汚染が原因で発生します。定期的に点検していれば簡単に修正できます。アクトジャパンの整備士は、システム全体を洗浄して補充する必要があるかどうか判断します。  また、ポンプの金属面に錆が発生する場合があります。この障害は、汚染された、または互換性のないクーラントによっても引き起こされる可能性があります。レクサスが推奨するエンジンクーラントを使用していることを常に確認する必要があります。そうしないと、さらに多くの問題が発生します。どちらを使用するかわからな

レクサス 高音できしみ音が発生、それはICU行きのサイン

レクサスのタイミングベルトが悪化した症状  レクサスは車両に応じて、タイミングベルトまたはタイミングチェーンのいずれかがあります。ベルトは通常、一定走行した時点で交換する必要がありますが、チェーンは車の寿命が続く可能性があります。  それで、議論のために、あなたのレクサスがタイミングベルト仕様と仮定しましょう。タイミングベルトが悪化する一般的な症状は次のとおりです。 乱暴なアイドリングまたはエンジンの失火 車が始動しない エンジンから発生する高音のきしみ音またはカチカチという音 油圧の喪失 エンジン前面からの油漏れ エンジン警告灯が点灯  レクサスオーナーは通常、悪化したタイミングベルトを発見し手遅れになったことを認識します。この悪夢のシナリオを回避しないと、多大な時間とコストがかかる事態を招きます。したがって、タイミングベルトが不良であると思われる場合は、できるだけ早く整備士に検査を依頼するのが最善の方法です。 レクサスのタイミングベルト交換時期は  タイミングベルトは重要ですが、レクサスのオーナーズマニュアルで明示的に推奨されていない限り、定期的に交換する必要はありません。メーカーは、タイミングベルトを80,000キロから120,000キロの間で変更することを推奨しています。  オーナーズマニュアルに推奨スケジュールがなく、何かがおかしいと思われる場合は、整備士にエンジンブロックに取り付けられているタイミングベルトカバーの取り外しなどの目視検査を依頼することができます。整備士がベルトにひびが入っている、擦り切れている、または摩耗していることに気付いた場合は、タイミングベルトを交換します。 レクサスのタイミングベルトから異音  タイミングベルトは、一般的な内燃エンジンの可動部品のシンフォニーに伴う通常の騒音を除いて、良好な状態では騒音を出しません。しかしタイミングベルトが悪化し始めたらそれは別の話です。  常にではありませんが、通常、タイミングベルトは、故障する前に高音、きしみ音、またはカチカチという音を立てます。エンジンからこの種のノイズが聞こえる場合は、専門家に確認してもらうことをお勧めします。ノイズが長すぎてタイミングベルトが壊れると、大きな費用がかかります。 レクサスでタイミングベルトが切れると  通常、運転している場合は突然の騒音に驚きレクサスは駆動しな

レクサス ブロワーモーター故障の兆候を見逃すな

  レクサスブロワーモーター交換のメリット  レクサスのブロワーモーターはどこにありますか?レクサスのブロワーモーターの掃除は可能ですか?レクサスのブロワーモーターは、エアコンの操作にとって重要です。ブロワーモーターが機能していないと、レクサスのエンジンが過熱する可能性があります。  レクサスのノイズの多いブロワーモーターまたは特定の速度でのみ動作するブロワーモーターを確認し、必要に応じて交換する必要があります。 アクトジャパンに寄せられたレクサスユーザーからの質問 2004レクサスES330のブロワーモーターが不良かどうかを確認するにはどうすればよいですか?  ブロワーモーターが不良かどうかを確認するには、ブロワーモーターが空気を吹き付けていないときにブロワーモーターへの電力を確認します。ブロワーモーターに電力とアースが供給されているが、その時点で機能していない場合は、ブロワーモーターが不良である可能性があり、交換する必要があります。  電源がない場合は、配線、抵抗、リレー、またはコントロールパネルである可能性があります。問題を特定するには、各コンポーネントをテストする必要があります。メカに詳しくないユーザーの場合は、今すぐアクトジャパンのレクサスに詳しい整備技術者にご相談ください。 2007レクサスRX350のブロワーモーターはどこにありますか?  レクサスRX350のブロワーモーターはグローブボックスコンパートメントの後ろにあります。そこにたどり着くには、グローブボックスとグローブボックスの後ろのダクトを取り外して見る必要があります。  まず、グローブボックスとグローブボックスの後ろのダクトを取り外します。3本のネジで固定されるブロワーモーターが表示されます。ブロワーモーターを取り出すのを邪魔しているものをすべて取り除きます。 1997年のレクサスES300のブロワーモーター抵抗器はどこにありますか?  ブロワーモーター抵抗器は、アクセルペダルの右側の運転席の足元に取り付けられています。ヒーター/ ACハウジングの非常に高い位置にあります。2本のワイヤーと2本のネジがあり、内側に金属キャップが付いたセラミックボディがあります。 2003レクサスGS300のブロワーモーター交換方法は?  ダッシュの下には、ブロワーボックスの下側を露出させるために飛び出す黒い

レクサス 始動時にためらい発生?! 燃料ポンプの不良かな

レクサス燃料ポンプ交換 レクサスの機能低下した燃料ポンプの兆候  その名前が示すように、燃料ポンプはガスをレクサスの燃焼室に送り込むか「ポンプ」します。それは長持ちする機器であることを意味しますが、時には他の部分と同様に故障する可能性があります。その時、燃料ポンプの交換が必要になります。レクサスの燃料ポンプが不具合を起こしているという警告サインは次のとおりです。 エンジンが「チョーク」するか、速度を維持するのに苦労する 騒音、逆火、スパッタリングエンジン 始動時または回転時のためらい 悪くなった燃料ポンプは過熱し、エンジンを過熱させる可能性があります 上記の問題のいずれかと「チェックエンジン」ライト  これらの症状を長時間無視すると、最終的にエンジンが始動しなくなるため、できるだけ早く整備士に相談することをお勧めします。 レクサスの燃料ポンプの位置  昔は、機械式燃料ポンプは多くの車やトラックで一般的であり、燃料タンクの外に取り付けられることもありました。今日の車両には電子燃料噴射が搭載されているため、このような機械装置は遺物です。  エレクトリック式燃料ポンプ(通常は燃料タンク内に取り付けられています)は、時代遅れの機械式ポンプに取って代わりました。燃料ポンプをガソリンタンク内側に置くのが良いのは、冷たいガソリンに沈められ、高温のエンジンから最も離れた場所にあるポンプは、発火する可能性が低いためです。 レクサスの燃料ポンプを修理、それとも交換?  不良な燃料ポンプを修理する可能性があります。機能を回復、修正するためのノウハウや資料があったとしても、一時的な修正に過ぎないかもしれません。とにかく近い将来それを交換する必要があるでしょう。最善の行動は、サービスセンターに車を持って行き、問題を診断してもらうことです。 レクサスの機能低下した不良の燃料ポンプの症状は?  燃料ポンプの役割はかなり自明です:それはあなたのレクサスのエンジンに燃料を送ります。何年にもわたってトラブルのないサービスを提供する丈夫な機器ですが、たまに燃料ポンプの交換が必要になります。  燃料ポンプの症状が下記項目に当てはまっていればアウトです エンジンが「チョーク」するか、速度を維持するのに苦労する 騒音、逆火、スパッタリングエンジン 開始時または離陸時のためらい 悪い燃料ポンプは過熱し、エンジン

レクサス ベルトから異音がする場合の対処はいかに?

レクサス  ベルトの検査と調整  最初に、レクサスのベルトが正しく取り付けられていることを確認するには、エンジンを始動し、数分間観察して問題がないか確認します。レクサスのエンジン付近から発する研削やきしみ音などの予期しないノイズ、または煙などの視覚シグナルは、レクサスのベルトがきつすぎるか、正しく配線されていないことを示している可能性があります。レクサスのエンジンを停止し、ベルトが数分間冷えるまで待ちます。

レクサス ラジエタークーラントの危険な徴候を見逃すな

クーラントフラッシュについて  エンジンクーラントラインを定期的に洗い流すことで、ラジエーターの冷却要素を詰まらせる汚染物質が蓄積するのを防ぐことができます。ラジエーターが詰まっていると、エンジンが熱くなり、早期摩耗を引き起こし、エンジンの故障につながる可能性があります。  新鮮なクーラントには、ラジエーターの漏れを引き起こす可能性のある錆から冷却システム全体をきれいに保つ抑制剤も含まれています。通常、クーラントは100,000キロまたは10年のいずれか早い方でフラッシュして交換する必要があります。 レクサスのラジエーターにはどのような液体が入っていますか?  ラジエーターにはグリコールベースの不凍液/冷却剤と水の50/50の混合物が入っています。自分で混ぜる必要はありません。自動車部品店で購入する種類、または整備士が使用する種類は、事前に混合されています。  ライジエターリザーブタンクのFULLレベルより減っている場合、ラジエーターにクーラントまたは水を追加する必要がある場合があります。ボトル入りの水を使用する必要はありません。水道水でも、どんなきれいな水でもかまいませんが、蒸留水はラジエーターに導入される不純物が少なくなります。選択肢があれば、蒸留水が最適です。 レクサスのクーラントを確認するにはどうすればよいですか  まず最初に-そしてこれは本当に重要です-熱いエンジンをテストしようとしないでください。エンジンが冷えて動作しなくなったら、すべてのテストを実行します。 クーラントをチェックする主な方法は4つあります。 目視テスト:クーラントは正しい色に見えますか?ラジエーターキャップを外すとスラッジが見えますか?クーラントが茶色の場合は、錆や腐食を示しています。あなたが通常緑色の不凍液を持っているならば、それが茶色であるかどうか見るのはより簡単です。通常、オレンジ色または赤色の不凍液を使用している場合は、わかりにくいですが、曇っていたり泥だらけになっている場合は、変更する必要があります。 比重計:お近くのオートバックス( 自動車部品店)で購入できるハンドヘルドツールを使用して、クーラントの比重をテストします。ラジエーター液がまだ保護している温度(高低)が表示されます。 マルチメータテスト:低電流を使用して、クーラントに電荷があるかどうかを確認します。(電気が関係